<FPグループ総合補償制度とは?>

 施工した家に万が一のことが起こった時、FPグループが万全な補償体制でしっかり支える制度です。

 FPグループでは、平成10年9月1日より、完成保証を含んだ総合補償制度を取り入れておりました。

 しかし、住宅品質確保促進法が施行されるにあたって、従来の総合補償制度の内容を見直し、新たに瑕疵保証と省エネルギー性能保証、そして地盤保証をつけ加えて、平成12年4月1日よりスタートすることといたしました。

 工事途中や入居後のさまざまなトラブルも万全な補償システムで対応して、お客様に「建てる前の安心」「建ててる途中の安心」「建てた後の安心」をお約束します。
(各補償内容に関しては、それぞれの補償約款によります。)

■FPグループ総合補償制度システム図
<1棟1棟の性能を測定し、数値で保証>
 家の性能の良さは測定してみなければわかりません。高性能住宅といっても、その1棟1棟の性能がすべて基準以上でなければ、本当の高品質とは言えません。
 
 FPの家では、全棟に各種の測定を義務づけており、その高性能を数値で証明して保証します。

<各種工事検査の実施>

●品質を守る厳正なチェック

→FPグループでは、独自の施工検査チェック項目をもとに、着工時から工事完了時までにきめこまかい工事検査を実施しております。また、施主様にもご確認していただいた上でお引き渡しをいたします。